採用Q&A|採用課題を解決、採用力を向上させるワンポイントアドバイス

マンパワーのかからない採用方法を知りたい

「2次選考以降(見極め)」と「内定後」に集中することが求められます

採用予算と同時に、マンパワーが問題になります。

特に採用専任者が不在の企業では、どれ程の工数をかけるべきなのか、は大きなテーマとなります。

ここで重要なのは、限られたマンパワーをどこに注力するかという点です。

結論から言うと、ターゲット学生の見極めと惹きつけに集中することが求められます。

その他のノンコア業務は外部に委託したとしても、自社の採用力を向上させることに大きな影響はありません。

採用担当者が見極めと惹きつけに集中することによって、マンパワーが足りなくてもパフォーマンスの高い採用活動が実施出来ます。

キーカンパニーの「新卒採用コンサル」は、オリジナルの採用戦略ツールを使い、
「自社分析票」「採用要件定義書」「市場分析票」「広報戦略設計書」「選考設計書」を
作成し、貴社に採用ノウハウが形として残るコンサルティングです。