成熟した外交

尖閣諸島の問題で日中関係が緊張を増してきた。

小泉元首相の時代、靖国問題に端を発した中国国内の反日運動以来の緊張状態。

我々国民が知り得る情報だけで判断するのは困難かもしれないが、今回の件は中国の一方的な揚げ足取りに感じる。

急激な経済成長と巨大国家ならではの国内情勢問題などを抱える中国当局の状況もわからないではないが、冷静に見ると今回の対応には違和感を感じてしまう。

日本の新政府は立ち上がりから大きな火種を抱えた格好だ。

もはや日中の問題ではなく、グローバルな視点での判断が求められるわけだが、民主党政府は手腕を試されている。

東京都知事は早々に持論を基に訪中を取りやめたとのことだが、極力大人な外交を繰り広げ、世界の世論を味方につける必要がある。

民間企業間でも駆け引きはつきものであるが、もはや「目には目を、歯には歯を」の対応は時代遅れであり、成熟した外交に期待する。

関連記事

  1. 採用担当者も感じ始めた、「経営情報の重要性」

  2. 「学生に、自分の意志で入社を決断させる」

  3. 「平成世代に期待すること」

  4. 「志望動機だけで合否を決めていませんか?」

  5. 売手市場における採用コミュニケーションとは?

  6. 「通年採用≠通年就職」

サービス一覧

新卒採用支援


教育・研修

KeyCompanyについて

お問い合わせ・連絡先

〒102-0072
東京都千代田区飯田橋1-5-9
精文館ビル7階
TEL:03-6261-4375(受付時間/10:00~17:00)